アスピリンの効果は頭痛、血液

頭痛を緩和してくれるアスピリン

どうしても突然起こってしまう頭の痛み・・・
この頭痛が我慢できず、集中力が途切れていました。
頭痛

 

そこで、頭痛の悩みをやわらげるために服用しているのがアスピリンになります。

 

 

私の頭痛の悩みは片頭痛?それとも緊張型頭痛??詳しいことは分からないが、とにかくとにかく頭が痛く、それと同時に首筋や肩までいたく悩んでいました。

 

 

長時間のデスクワークなどの後に起こるのが特徴で、この痛みが長時間にわたり続くと、仕事を集中して行うことができないし、ぐっすり眠ることも困難、、、
不眠

 

このようなつらい経験に悩んでいる人、いるのではないでしょうか?

 

そこで私が頭痛を和らげるために服用しているのが解熱鎮痛薬の「アスピリン」です。

 

 

解熱鎮痛薬にも様々な種類があると思いますが、このアスピリンの場合は、なんといっても効果が現れるまでが早く、持続性に対しても期待ができる◎

 

 

アスピリンは処方せんや市販薬として購入可能ですが、価格的なことを考えて私は通販(個人輸入)で購入しています。

 

アスピリン300mg(30錠)の詳細・購入について>>
アスピリン325mg(350錠)の詳細・購入について>>

 

 

 

アスピリンの効果

アスピリンというのは主成分の名前でもありますが、海外の医薬品名でもあります。

 

日本で有名な解熱鎮痛剤である「バファリン」それから、「ケロリン、バイエルアスピリン」もこのアスピリン(アセチルサリチル酸)をメインとして使われています。
アスピリンのイラスト

 

 

アスピリンは非ステロイド性抗炎症薬とも呼ばれ、効果としては非ピリン系の解熱鎮痛成分で、末梢でプロスタグランジンの合成を阻害し全身に作用することで痛みと炎症を抑えてくれる。

 

つまりは、「偏頭痛や緊張型頭痛頭痛」の時におこる頭痛、首筋、肩こりなどの苦しい痛みを緩和してくれます◎
苦しさ

 

アスピリンのもう一つの効果

それからもう一つ、アスピリンは「偏頭痛や緊張型頭痛」だけに効果があるわけではなく、違った部分にも効き目があります。

 

実は血液をサラサラにする効果も期待できるとのこと。
血液
これは意外です。

 

鎮痛剤なのに、どうして血液がサラサラになるのか?
これはアスピリンに血液の凝固を防ぐという抗血小板剤としての効果があるからです。

 

 

もともと人間の体内には、血管を収縮させて血液を固まりやすくするトロンポキサンという生理活性物質が存在しているそうです。

 

しかし、アスピリンを服用することで、トロンポキサンの生成を抑制する働きがあり、血液をサラサラにしてくれるとのこと。

 

このためアスピリンを少量服用すると血液の凝固が防ぐことができドロドロの血液がサラサラへと変化してくれる。

 

 

私は血液を綺麗にするためにアスピリンを服用しているわけではないのですが、頭痛などに悩んでいるときに服用し痛みを緩和させ、なおかつ血の流れもよくしてくれる、一石二鳥の役割を果たしてくれますね。

 

 

 

 

バファリンよりアスピリンを購入

アスピリンの薬の購入についてですが、私はインターネットの通販で購入しています。
インターネット画像

 

先ほども話しましたが、アスピリンはバファリンやケロリン、バイエルアスピリンと同じ成分が含まれています。

 

そのために同じ成分が含まれている薬なら市販薬として近くのドラックストアーでバファリンなどを購入すればいいじゃないの?

 

っと、私は考えていました。
確かに。

 

 

短期間の仕様なら市販薬を利用するのがいいかもしれません。
しかしあくまでも解熱鎮痛剤は、片頭痛や緊張型頭痛を改善するわけではなく、あくまでも痛みを和らげる効果になります。

 

そのために、どうしても長期間にわたり服用することがある。
なので鎮痛剤を購入する場合、できるだけ価格は抑えたい所。

 

 

そこで私は通販を利用することになったわけですね。

 

 

市販薬のバファリンのように販売している店舗により価格が微妙に異なりますが、アスピリン1錠あたり10〜30円ほどで購入できる。

 

ドラックストアーなどで販売しているバファリンAは1箱40錠で1,200円、1錠で計算すると30円になります。

 

 

 

悩んでいた頭痛をやわらげるために利用する解熱鎮痛剤。
ライフスタイルやニーズに合わせて選ぶのが大切になると思いますね。

 

アスピリン300mg(30錠)の詳細・購入について>>
アスピリン325mg(350錠)の詳細・購入について>>